事業承継の相談

事業承継についての相談がある方は、お気軽にお問い合わせください。

事業承継の相談

事業承継は色々なハードルがあります。

後継者の問題。後継者がいない、育っていないなどの問題を抱える経営者は多いです。

子供に継がせるにしても、事業承継は「子が親を超える」ことが前提の仕組みになっています。

従業員に継がせるにも継いでもらった後の経営が心配という経営者も多いです。

M&Aも視野に入れましょう。

また、事業承継対策と同時に考えなければいけないのが相続対策です。

どうしても後継者に自社株など財産が集中してしまうことが多いです。

そうなると不公平感が出てしまい、相続で親族が揉めることがあります。

「うちの家族は仲が良いから大丈夫」というご家族にかぎって、相続争いになるケースが多いです。

自社株の価値が上がりすぎてしまって、後継者に株を渡せないというケースも多いです。

生前贈与するにしても贈与税、相続するにしても相続税が高くかかってしまいます。

後継者に納税資金がなければ株を渡していけません。

また、後継者に財産が集中してしまい、相続の際に不公平感が出てしまい、家族が揉めるケースも多いです。

自社株対策には「信託」も有効です。

「後継者がいない」「子供や従業員に会社を継がせたくない」「会社経営から退きたいが従業員を路頭に迷わせるわけにいかない」などの理由で、中小企業でもM&Aを実行する企業も増えています。

しかし、M&Aはとてもデリケートな取引で、早期から対策しないと会社を売れずに失敗することも多いです。

「赤字が続き後継者に会社を継がせなくない」「後継者がいない」などの理由で、自分の代で廃業する方も増えています。

廃業する際は、最も効果的な方法で会社を清算することが重要です。

安易に会社を清算してしまうと、お金にできたものをみすみす捨ててしまうことがあります。

資産の売却やM&Aも選択肢に入れておきましょう。

事業承継は早期の対策が一番大切です。

事業承継・M&Aについての相談がある方は、お気軽にお問い合わせください。

相談料は無料です。

「皆様の大切な財産を守る第三者の相談窓口」として、ご活用いただければ幸いです。

全国財産管理相談センターへのご相談・お問い合わせはこちら

PAGE TOP